So-net無料ブログ作成
検索選択

ファンと口論のF・メロが謝罪 「でも、チームを支えてほしい」

熱血タイプの選手なら特に、ナーバスになることが悪い結果を生むことがある。ユヴェントスMFフェリペ・メロがそういった選手の一人なのは間違いない。期待を下回るパフォーマンスが原因となり、数カ月前からユーヴェのサポーターの標的となっている同選手は、14日に行われたシエナ戦の終盤、ユーヴェが3−3に追いつかれた直後、度重なるファンからの野次にスラングで応じてしまった。試合から一夜明け、F・メロからはファンに謝罪し、サポーターとの難しい関係の修復を試みている。「試合の展開を悔しく思っていた。興奮しているときに、言いすぎてしまったんだ。自分の言動について謝罪するよ。あのとき、ファンのサポートはとても大事なものだった。僕らはたくさん走っていたし、勝利を得ようとあらゆることを試していた。4−3とする時間がまだあったし、僕らは観客の熱気を必要としていたんだ」リーグ4位の座を取り戻すために、ユヴェントスはファンのサポートに頼らなければならない。特に、本拠地オリンピコでのサポートだ。F・メロは次のように続けている。「ユーヴェのサポーターのすべてが、僕らの味方だということは分かっている。ただ、試合中に批判し、ブーイングをすることがある少人数もいるんだ。僕は、最後の1秒までチームを支えるべきだと思う。特に難しいときにはね。僕とチームメートたちは、スタジアム全体が支えてくれていると感じる必要があるんだ。チームをサポートしてくれと、ファンに訴えたかったんだ。でも、一部の観客は反発していたんだよ」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。